BARRETTE.

V系のライブレポとかセトリとか作品の感想とか色々。

lynch./葉月 参加音源&映像作品集

更新日:


lynch.名義で発売した作品ではなく、いわゆるオムニバスCDやDVDの中にlynch.として参加したものや
メンバー個人が他アーティストの作品にゲストとして参加して発売されたもの
オフィシャルサイトには参加の決定や発売される際に告知として掲載されるがディスコグラフィには掲載されず
後から知った場合見落としがちなのでまとめておく

スポンサーリンク

lynch.としての参加作品

CD

D'ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~ Stairway to Heaven ~

CD DATA
RELEASE:2017/09/13
RECORD LABEL:WARNER MUSIC JAPAN
NUMBER:WPCL-12767

lynch.はTrack.6「XXX for YOU」で参加。

D’ERLANGER再結成10周年記念トリビュートアルバム。
初回プレス盤はスリーブケース(三方背BOX)仕様。
SE含め15曲収録

このアルバムで初めてD’ERLANGERの曲を聞いたけどこれ普通にlynch.の曲じゃないかってくらいlynch.
リスペクトしてる人らがやってるからみんなクオリティ高いけど
ギターソロとか完全にいつものlynch.(というか玲央)だし
最後のYOUのとこ、後から原曲聞いて元はこうなのか!って逆にびっくりしたけど
これは葉月が歌うならこうだよなって
曲はD’ERLANGER大ファンの玲央と晁直がそれぞれ候補を出して
被ってた曲の中から葉月の歌が一番はまるものとのことで決まったらしく
歌や演奏もだけど自分らの持ち味が上手く出せる曲を選べるのも腕の見せ所だなと。

コメント途中でさらっととんでもない会話してて笑う

これもセットで読むべき
後で発売されたトリビュートブック

内容はアルバムに参加したバンドのメンバーとD'ERLANGERメンバーの対談集の他
D'ERLANGERメンバーのインタビューや使用機材の紹介、トリビュートライブイベント
「D’ERLANGER presents ABSTINENCE'S DOOR」のレポートなど。
lynch.からは玲央とCIPHERのギタリスト対談が掲載。
あのお姿でコッテコテの関西弁(京都弁?)でお話しになるCIPHERさんとんでもねえ…

 

TRIBUTE OF MUCC -縁[en]-

CD DATA
RELEASE:2017/11/22
RECORD LABEL:朱
NUMBER:MSHN-044/045

lynch.はDISC2のTrack.3「茫然自失」で参加。

MUCC結成20周年記念トリビュートアルバム。
CD2枚組、全22曲収録
ということになっているが実は…1

イントロのチン♪であ!ってなった。
もうこれで完全にlynch.
元々近いから絶対いい感じになるだろうなってのは想像つくけど
これまた完璧に自分らのものにしてる

ジャケットのメインビジュアルはL'Arc~en~Ciel/VAMPSのHYDEの描き下ろしで
実際に購入して手にした人のみが見れるというコンセプトからジャケット写真は公開されてなくて
CDも中身の見えない銀色の袋に入れて販売

MUCCのトリビュートアルバム目隠し用の袋 MUCCのトリビュートアルバム目隠し用の袋

 

この銀色の袋がサイズが結構ギリギリなのでまた戻しておくのに入れるのが結構面倒

歌詞カードは曲数が多いのもあって結構なボリュームの冊子
なので通常のCDのようにプラスチックケースのフロントジャケットの部分には入らず、CDと一緒に紙製のスリーブケースに入れて収納する

スリーブケースは両面に丸く大きく穴が開いてて
CDと歌詞カードを収納するとその穴から歌詞カードのイラスト(先述のHYDEが描いたもの)と
CD裏側の収録曲&バンド名が見えるようになってる

しかしこのスリーブケースもまたサイズが窮屈で
わたしは何回か出し入れしているだけでCDケースに結構なスレ傷が付いてしまった。
他の人のはどうなんだろうか…

上記2作の補足

上記D’ERLANGERとMUCCのトリビュートはそれぞれ歌詞カードに当該曲をカバーしたバンドの紹介も書かれているけど
発売された時期が時期だけにどちらもlynch.はメンバー4人(=明徳がいない)として掲載されているのが非常に残念2
いずれも楽曲のベースは葉月、mixは元girugameshのЯyoによるもの。

DVD

SHOCK WAVE ~The Movie 01~

「あの人気イベント SHOCK WAVE が映像化!!」
(↑DVDのパッケージに貼られていたシールに書いてある)

DVD DATA
RELEASE:2008/11/26
RECORD LABEL:?(ハピネット)
NUMBER:SDDV-00036

lynch.は49:20過ぎからライブ映像で登場。
収録曲は a grateful shit/I'm sick,b'coz luv u./Adore/alien tune/unknown lost a beauty/pulse_3
ただし約10分にまとめられたダイジェスト映像なのでどの曲も部分的にしか入っていない。
ベースは当時のサポートメンバーだった淳児。

「SHOCK WAVE」とは音楽専科社から発売されていたヴィジュアル系音楽誌「SHOXX」主催のイベントライブのタイトル。
DVDの内容は2008年に開催されたイベントの中から4組のライブ映像(ダイジェスト)と
SHOXX編集長POKKUN4による今後ブレイクするであろうバンドの紹介。

ライブ映像はビリー5とchariotsが2008/06/18 高田馬場AREAでの「SHOCK WAVE アポロ Vol.176」のもの、
DaizyStripperとlynch.が2008/06/15 恵比寿LIQUIDROOMでの「SHOCK WAVE '08 #0017」のものがそれぞれ収録されている。

DVD自体は約74分の収録時間となっているけどメインのライブ映像が10~15分×4バンド、編集長によるバンド紹介が12分×2コーナーなので内容としてはまあそこまで…って感じ
ビリーとchariotsがだいたい11分ずつくらいでDaizyStripperが15分、ラストのlynch.も6曲もあるし15分くらい入ってるかと思ったら10分ちょいしかねえ…
まあlynch.の曲は(当時は特に)1曲が短いし、ライブもまるでワンマンかのようにみんなめちゃくちゃ盛り上がってるので見ててたのしいのはたのしい。個人的にわたしが見始めた頃の一番だいすきなlynch.なので、pulse_で葉月も長々と煽らないでメンバーが後ろ向きでセンターに集結してさっさと始まるとことか歌詞もまだそれなりに歌ってるのとかが懐かしい。

ちなみに「POKKUN レコメンド」で紹介されてるのはMANNEQUIN、9GOATS BLACK OUT、摩天楼オペラ、カル・ヴァリ8、【_Vani;lla】
「SHOXX 次の表紙を飾るのはオマエらだ!」で取り上げられてるのはKaya、メガマソ、Dolly、heidi.
いずれも編集長が紹介コメントを読んでMVが流れたり楽曲をBGMにアー写が流れたりするだけでメンバーがVTRに登場するわけではない。
このDVDの中から実際にSHOXXの表紙になったバンドたぶんないと思うw(メガマソだけが2014年3月号のリトルハーツの企画で他のバンドの合同でかろうじて表紙に出ただけかと)

それと「01」とナンバリングされているけど02以降は探しても見つからないので出てないっぽい
SHOXX自体も一時期復活するという話もあって復刊準備号までは出たのにその後また音沙汰なしだし…

※上記サイトに飛んでもページがなくなっているので注意。
雑誌自体は通販サイトやCDショップのオンラインサイトなどで購入可能。

スポンサーリンク

葉月としての参加作品

Pay money To my Pain「gene」

※上記tweet内のリンク先は一応PTPオフィシャルサイトのトップには飛ぶものの、「gene」についての解説ページには繋がっていないので注意。

CD DATA
RELEASE:2013/11/13
RECORD LABEL:VAP
NUMBER:VPCC-81781

PTPの4枚目のアルバム。タイトルの意味は「遺伝子」。
発売前年(2012年)12月末にボーカルのKが急死、彼の遺作となったアルバム
すでに録音されていた楽曲とゲストボーカルを迎えた楽曲の計12曲収録。
CDパッケージはデジパック仕様。
初回生産分にはジャケットと同デザインのステッカーと、2013.12.30Zepp Tokyo公演のCD購入者先行予約チラシ封入。

葉月がTrack.8「Resurrection」でcoldrainのMasatoと共にゲストボーカルとして参加している他、
Track.5「Respect for the dead man」9でもコーラスとして参加している10

上記葉月とMasatoの他
Track.5でCrossfaithのKenとTeru
Track.6でex.THE MAD CAPSULE MARKETSのKYONO
Track.10でRIZE/The BONEZのJESSE
Track.11でONE OK ROCKのTakaがゲストボーカルとして参加。

あと歌詞カードのクレジット見るとTrack.2とTrack.5のコーラスにも色んな人が参加してるみたいだけどこっちのジャンルの人たちは詳しくないので割愛(見てわかるのがTrack.5に記載ある葉月とMY FIRST STORYのHiroくらいでね…)

EXDOUS-EPの「BE STRONG」はKに向けて書かれた曲でタイトルも彼の首にBE STRONGというタトゥーが入っていたことから付けられている11とか
GALLOWSの「PHOENIX」もKのことを歌ってて、というかGALLOWSというアルバムそのものがKの死によって葉月が「人は必ず死ぬ、では死ぬまでに何ができるのか?」と考えるようになったことで作られた作品だったり(アルバム「GALLOWS」については別記事にて解説)彼の「存在」がこの時期のlynch.に大きな影響を与えてるといえる

大村孝佳「CERBERUS」


CD DATA
RELEASE:2017/01/25
RECORD LABEL:Keasler Japan Limited
NUMBER:KSCQ-1048/1048D

葉月はTrack.4 Arch Enemy「NEMESIS」で参加。

C4や神バンド(BABYMETAL)でもお馴染みギタリスト大村孝佳氏の洋楽カバーアルバム「ケルベロス」

ゲストボーカルが歌う5曲+インスト1曲の計6曲入りのカバーアルバムCDと
「The Gathering Of Metal Warriors12」のライブDVDの2枚組。

葉月の他には
C4のTOKI
Her Name In BloodのIkepy
上木彩矢
Concerto Moon(当時)の久世敦史が参加。

新品を購入する際はamazonの「Keasler Japan Limited/SMS JAPAN」が出品してる物を買うべし。ここ以外に高額で出品してるのは転売屋。オフィシャルの方が安い上にここで買うとさらに特典としてライブMC集のDVDもついてくる(←これは葉月関係ないけど)。

個人的にVersaillesとJupiterも好きなので後に久世さんがJupiterのボーカルになったときはびっくりした13

MEPHISTOPHELES「Hide and seek」

CD DATA
RELEASE:2018/09/26
RECORD LABEL:KING RECORDS
NUMBER:KICS-3746

葉月はTrack.7「Dictator ship」にゲストボーカルとして参加。
またサポートギタリストとしてLa'cryma ChristiのHIROも参加している。

葉月は来年のライブにも呼ばれている模様。

MEPHISTOPHELESとlynch.と言えば昔こんなイベントもあったのよ…

The beginning of the feast of the devil and the beast, 2014 【Tokyo】

The beginning of the feast of the devil and the beast, 2014【Osaka】

彼女 IN THE DISPLAY「WILD ONES NEVER DIE」

スポンサーリンク

関連リンク

D'ERLANGER DISCOGRAPHY 「D’ERLANGER TRIBUTE ALBUM ~Stairway to Heaven~」紹介ページ

BARKS 【座談会】逹瑯(MUCC)、玲央+晁直(lynch.)、千秋+SORA(DEZERT)、D'ERLANGERを語る「“でけえ” “すげえ” “強え”」

MUCC DISCOGRAPHY 「TRIBUTE OF MUCC -縁 [en]-」紹介ページ

大村孝佳 「CERBERUS」紹介ページ

KING RECORDS MEPHISTOPHELES「Hide and seek」紹介ページ

注釈

  1. DISC1・DISC2の最後にそれぞれジャケットに記載のない隠しトラック(ボーナストラック)が収録されており実は全24曲である。wikipediaで完全ネタバレされている。
  2. アーティスト写真もD’ERLANGERのがSINNERS-EPのもの、MUCCのがBLØOD THIRSTY CREATUREのものが使われている
  3. 実際のライブでは3・4曲目にmeltとan illutionがあり全8曲演奏した
  4. 鈴木邦昭氏。現在はヴィジュアル系専門誌「Stuppy」を手掛ける
  5. 後の花少年バディーズ
  6. 出演はビリー/9GOATS BLACK OUT/chariots/emmuree/THE.GOLDEN SPIDER
  7. 出演はしゃるろっと/DaizyStripper/lynch./DuelJewel/Versailles
  8. 後のカメレオ
  9. TVアニメ「ノブナガン」オープニングテーマ
  10. 歌詞カードのクレジットに記載
  11. JUNGLE★LIFEのインタビューより
  12. 2016/01/09 ESPエンタテインメント東京 Club1ne2woにて開催
  13. 2018/02/03鹿鳴館公演で初代ボーカルのZINが脱退、07/02に新メンバーとしてKUZEの加入が発表された

-lynch.
-,

Copyright© BARRETTE. , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.